にししのギモン(11)~子どもの教育資金ってどうやって準備したらいいの?~

にししのギモン(11)~子どもの教育資金ってどうやって準備したらいいの?~ | 酒井FP綜合事務所

前回 】は幼稚園から高校までの費用と大学にかかる費用についてのお話でした。長い時間をかけて準備する教育資金のことなので、いくら資金が必要なのかは必ずチェックしておきたいですね。

ってことで、ここからは「じゃあ、その資金はどうやって準備するの?」というギモンにお答えします。

● 子ども手当(児童手当)

子ども手当は、次の社会を担う子どもの健やかな成長を応援する目的で設立されました。お住いの区市町村窓口へ申請することで受給できるしくみです。教育資金に活用したい手当のひとつです。

▼ こども手当(月額)

0歳~3歳未満:一律15,000円
3歳~小学校修了前
(第2子まで):10,000円
(第3子以降):15,000円
中学生:一律10,000円

※ 『東京都福祉保健局HP』より

● 教育資金を準備するなら…。

教育資金を準備するには3つの方法があります。(※ 資金調達の基本については【 こちら 】)

  1. もらう
  2. 貯蓄で準備する、保険で準備する
  3. 借りる

【1】もらう(贈与を受ける)

にししのギモン(11)~子どもの教育資金ってどうやって準備したらいいの?~ | 酒井FP綜合事務所

高校や大学に進学するお子さんのために教育資金を準備するときに、両親からお金を”もらう”方法です。お金を贈与した場合には贈与税がかかるんですけど、教育のためにお金を使うなら『贈与税の特例』を受けることができます。

教育資金の一括贈与時の非課税制度

平成25年4月1日から平成31年3月31日までの間に、個人(租税特別措置法第70条の2の2第2項第2号に規定する教育資金管理契約(以下「教育資金管理契約」といいます。)を締結する日において30歳未満の者に限ります。)が、教育資金に充てるため、①その直系尊属と信託会社との間の教育資金管理契約に基づき信託の受益権を取得した場合、②その直系尊属からの書面による贈与により取得した金銭を教育資金管理契約に基づき銀行等の営業所等において預金若しくは貯金として預入をした場合又は③教育資金管理契約に基づきその直系尊属からの書面による贈与により取得した金銭等で証券会社の営業所等において有価証券を購入した場合には、その信託受益権、金銭又は金銭等の価額のうち1,500万円までの金額(既にこの「教育資金の非課税の特例」の適用を受けて贈与税の課税価格に算入しなかった金額がある場合には、その算入しなかった金額を控除した残額)に相当する部分の価額については、贈与税の課税価格に算入されません。

※ 国税庁HPより

両親や祖父母から教育のために使うお金をもらう場合なら1,500万円まで贈与税をいただきませんといった特例です。この特例を使うときには2つのことに注意しましょう。

  • 贈与を受けたひとは30歳までに使い切ること
  • 贈与を行うときに契約書を2通作成し、あげる人ともらう人が各自で管理をしておくこと

【2】その1.貯蓄で準備する

資金を貯蓄で準備するなら2つの方法がおススメです。

  • 毎月決まった金額を貯蓄するなら:積立貯蓄
  • 給料から天引きで貯蓄する:一般財形貯蓄

<積立貯蓄>

せっかく教育資金を準備するための口座を準備したのに、銀行に並んでお金を振り込むのがめんどくさい・・・。そんなことってあると思うんです。そうならないように、毎月決まった金額を口座からお金を貯めておくことができるのが積立貯蓄の特徴です。めんどくさがり屋さんでもしっかりと貯蓄を続けられるので、貯蓄が苦手な人にもおすすめです!

ぜひお近くの銀行で積立貯蓄の手続きをしましょう。

<一般財形貯蓄>

財形貯蓄は積立貯蓄と違い”給料から天引き”でお金を貯蓄できます。お金を貯めやすい一方で引き出しに手間がかかるので、サラリーマンやOLさんにおすすめです。

「一般財形貯蓄制度」を導入している会社でないと財形貯蓄制度を利用できません。

【2】その2. 保険で準備する(保険)

保険を使って資金を準備する方法です。

  • こども保険(学資保険)
  • 終身保険

にししのギモン(11)~子どもの教育資金ってどうやって準備したらいいの?~ | 酒井FP綜合事務所

<こども保険>

保険を使って教育資金を準備するって聞いたときに、この保険が頭に浮かんだ人が多いのではないでしょうか。こども保険は名前のとおり子どものために入っておく保険で、子どもの成長に合わせて満期金(祝金)を受け取れることが特徴です。

子どもが学校に入学する時期に満期金が受け取れるようにプランをを立てます。とくに、いつ入学金の支払が必要なのかを確認しておくことが大切です。
※たとえば、推薦入試を利用した場合には入学金が10月~12月に必要となる場合もあります

また、契約者(お父さんやお母さん)にもしものことがあった時には保険料の支払いが免除されるので、安心して教育資金を準備することができます。

<終身保険>

終身保険は親の死亡保険として加入するのが基本ですが、契約をやめるときに戻ってくるお金(解約返戻金)を教育資金に活用することもできるんです。

  • 低解約返戻型終身保険で、保険料払込期間
  • 養老保険の満期設定

をお子さんの入学(進学)時期に合わせておくことで、入学前には親の死亡保障を、入学時には教育資金としての目的を重視した資金計画と言えます。また、解約する必要がなくなったなんて場合には解約せずにそのまま加入を続けておくことで他の資金(住宅購入や老後資金)を準備できますよね。

【3】借りる(奨学金・教育ローン)

親が子供の代わりにお金を借りるのか子どもが自分でお金を借りるのかによって、お金を借りる場所が違ってくるのでどちらが自分の資金計画に合っているのかで判断したいところです。

<奨学金>

子ども自身がお金を借りる方法です。「家庭の経済状況に余裕がないのは知ってるけど、それでも大学に行きたい!」そんなお子さんの想いを尊重できる教育資金の準備方法ですね。

にししのギモン(11)~子どもの教育資金ってどうやって準備したらいいの?~ | 酒井FP綜合事務所

奨学金には、以下の3種類があります。また、通学が始まってからの給付なので入学金の準備は別にしておく必要があります

  • 第一種奨学金(利息がかからない)
    月額 20,000円~6,4000円までの貸与
  • 第二種奨学金(利息がかかる)
    月額 20,000円~120,000円までの貸与
  • 給付型奨学金(返還不要)
    月額 20,000円~40,000円まで支給

※大学への進学時に奨学金を利用する場合
(通いたい学校の種類によって借りることができる金額の上限が決まっています)
※家庭の収入や子どもの成績によっては第一種奨学金や給付型奨学金が受けられない場合もあります

詳しくはこちらへ→ 【知っててよかったお金の話】奨学金制度のしくみ

<教育ローン>

こちらは親が子どものためにお金を借りる方法です。奨学金と違ってお金をいつでも借りることができるのが教育ローンの特徴です。入学金を準備したり、まとまった学費を支払うための準備に教育ローンを利用するといいですよね。

にししのギモン(11)~子どもの教育資金ってどうやって準備したらいいの?~ | 酒井FP綜合事務所

返済はお金を借りた翌月からスタートする(利子だけの支払いも可能)ので注意が必要です。教育ローンを利用した場合、以下の金額まで資金調達できます。

  • 政策金融公庫:350万円
  • 民間の銀行:1,000万円(金融機関によってさまざま)

<教育ローンと奨学金のちがい>

教育資金を借りて準備するときにはどちらも非常に役に立つ方法です。なので、自分の資金計画に合わせてお金を借りることも検討してみてくださいね。

良いところ 残念なところ
奨学金
  • 在学中から融資が始まる
  • 利息が非常に低い(変動金利を選択した場合、2018年5月現在は0.22%
  • 融資の条件が比較的ゆるい
  • 返済は卒業後
  • 在学中は利息がつかない
  • 入学金は別で準備する必要がある
  • 子ども自身が借りることになるので、卒業後の返済計画が必要になる
教育ローン
  • いつでも融資を受けることができる
  • まとまったお金を借りることができる
  • 親が返済をすることで子どもの負担が減る
  • 奨学金に比べて利息が高い(2018年5月現在1.76%)※日本政策金融公庫HPより
  • 融資申し込みのときに子どもを連れていく必要がある
  • 在学中から利息がつく
  • 返済がお金を借りた翌月から始まる

● さいごに

教育資金を準備するときは、最初にお伝えした子ども手当を利用した資金計画を立てることが大切です。もし、子ども手当を一切使わずにいるとお子さんが中学校を卒業するまでに約198万円貯まります。このお金を『貯蓄する』のか『投資で運用する』のか、それとも『保険料として支払う』のかはあなた次第です。

あなたは、子どものためにどうやってお金を準備しますか?

この記事を読んだあなたが今後のお金について考えるきっかけとなれば嬉しいです(^^)

今までのギモンは【 こちら


メッセージがあればお気軽にどうぞ(^^)/↓↓

にししのギモン(10.5)~今までどんなギモンがあったの?~ | 酒井FP綜合事務所

酒井FP綜合事務所のSNSはこちら ↓↓

 twitter始めました♪

イベント情報やお金に関するつぶやきをお楽しみください。

>>@fp_wanaviさんのツイート

 Facebook

「こんなことやってます!」「こんなとこ行きました!」そんな情報あります。

>>酒井FP綜合事務所のFacebookページ

にししのSNSはこちら↓↓

 twitter

ときにマジメに、ときに楽しくつぶやいています( *´艸`)♪

>>@fp244_techoさんのツイート