【金言25】ネーサン・ロスチャイルド

【金言】| 酒井FP綜合事務所

金を愛するだけではダメだ。金に愛されるようにならないと。

ネーサン・ロスチャイルド(銀行家)

愛情をもってお金に接することって大切です。ときには愛情をもって手放すことも大切です。

金は天下の回り者というくらいですから、上手な使い方をする人ほど景気が良くなり、巡り巡り・・・増えて帰ってきます。
これって経済のキホンですよね。

では上手な使い方ってどういうことでしょうか。
すでに効果・効能の恩恵を受けた「消費」と、これからの効果が期待される「投資」のバランスを考えることから始まります。「投資」についてはその影響度(大きさ)と時間(長さ)も含めて考える必要があります。

あなたにとっての投資とは何でしょうか。必要なこと消費しているでしょうか。
しっかり考え、愛をもって手放したお金には、愛されるようになるはずです。

▼ セミナーでお金と心の関係を学んでみませんか?

お金に関する心の取扱説明書 | 酒井FP綜合事務所

▼ 金言シリーズ・ブログ

こちら | 酒井FP綜合事務所