お金と心の学び舎~相続でもめる理由~

お金と心の学び舎|酒井FP綜合事務所

相続でもめるって話、よく耳にします。そして、「ウチは相続税払うほど財産ないし」との話も耳にすることが多いです。

たしかに、ざっくりですけど財産の総額(価値)が3,000万円+600万円×法定相続人の数を超えなければ相続税を払うことはありません。たとえば、一家の主であるお父さんが亡くなり、お母さん(奥さん)と2人の子供たちが相続することになれば相続税がかからない上限は

<相続税の基礎控除額の計算例>
3,000万円+600万円×3人=4,800万円

です。”ウチには3,000万すらあるか怪しいわ”と思っていれば、「もめるなんてこと無い」と思うのも当然かもしれませんね。ところが現実にでは、相続税を払うくらいの財産を持っていた方の家族ほど、もめることが少ないとされています。生前から、家族の間で財産の移転や相続対策をしているからです。

一方、「相続でめもることが無い」と思っていた家族ほど”争族”を起こすとされています。相続する財産が、上記の基礎控除額以下の場合です。

  • あるとき急に、、、思いもよらなかった財産が
  • タダで自分の手もとに入ってくる。。。
  • 大金持ちにるほどではないいけれど、コレだけあったらずいぶん楽できる・・・

タダで財産が移転するということは大いに人の心を動かそうとします。今後の生活がちょっとラクになる、改善されるという”ちょっとした喜び”が拍車をかけるんです。

FPかずくん | 酒井FP綜合事務所

相続人であるアナタが思うは、同時に、共同相続人である他の家族もそう思っています。それが家族ですからね。そして、前向きに同じことを考えているなら良いですが、他人(具体的には相続人の配偶者)が絡んでくると、とたんにややこしくなります。※これ以上言う必要ありませんね。

普段から”お金・財産・資産など大切にしているモノ・こと”など、家族間で考え方を共有しておくことが重要です。とくに被相続人とは時間をかけて話し合ったうえで計画的に贈与を行うのも方法のひとつです。この話し合いを怠ると「タダより高い、面倒なものはない!」事態が起きてしまうんです。

タダは人を変える。

お金に関する心の取扱説明書 | 酒井FP綜合事務所