【CFP試験】2018年第2回・ライフプラン振り返り

CFP|酒井FP綜合事務所

2018年11月に行われたCFP®試験の振り返り、4課目めはライフプランです。他の課目との関連知識を問われるので、忘れてしまわないうちに、早めに合格しておきたい課目です。毎年のように改正事項がありますから、知識の更新はもちろんのこと、社会情勢・時事問題の理解も大切です。

FPかずくん | 酒井FP綜合事務所

問1~2 FP関連法規・時事問題 3問とりたい!/6問中
FPの倫理、関連法規の理解(以上3問)は定番というか、必ず理解しておきたい事項なので正答しておきたいですね。資料の読み取りについては簡単なものでしたが、障害者総合支援法については知らない方が多かったかもしれません。障害者・高齢者・外国人労働者などの雇用環境について、日本全体の課題として理解を深めておく必要がありますね。

問3 提案書・キャッシュフローの理解 3問とりたい!/4問中
キャッシュフローについての出題(問題7~8)、6つの係数の使い方(問題9~10)とも、標準的な出題でした。どちらも”ややこしい出題”という印象を持つ方が多いと思います。そんな中でも、今回の出題は、ずいぶんと難易度を下げたような印象があります。実務ではもちろん手書きでの計算など行いませんが、基本知識の理解としては重要な出題です。お金の流れ・動きを理解しておくことはFPとしての基本ですので、十分に理解し、正答できるようにしておきたい内容です。

問4 住宅資金・教育資金題 4問とりたい!/6問中
住宅取得資金についてはタックスでも問われる内容でしたし、教育資金についても過去の出題と遜色ない内容でした。その他、全体として理解を深めておく必要のなる内容ばかりでしたから、大きな得点源と言えます。

問5 雇用関連の法規の理解 4問とりたい!/9問中
急に!!!細かいところまで理解が必要な、かつ、これまで出題頻度がほとんど無かった内容を問うものが続きました。
雇用保険の求職者給付や雇用継続給付については正答しておきたレベルでしたが、その他の事項については過去の出題はなく、しかも立て続けに5問も出題があるなんて、、、社労士の試験なんちゃう?と思うような内容でした。正答できなくても仕方ないですね。

問6 社会保険の被保険者・保険料 4問とりたい!/6問中
過去にも何度か出題のあった保険料についての計算、給付についての課税に関する出題が続きました。

  • 標準報酬月額とは?
  • 被保険者とは?
  • 各給付の対象となる人は?

おざなりにしていた知識の細かいところまで問うような内容でしたが、ぜひとも得点しておきたいところですねぇ。

問7 健康保険 2問とりたい!/3問中
傷病手当金や任意継続については、基本中のキホンについての出題でした。必ず得点しましょう。問題34(高額療養費)も難しい内容ではなかったので、全問正解!としたいところです。

問8 老齢年金・遺族年金 5問とりたい!/8問中
受給要件や受給額など基本的な知識を問うものと、これまで全く出題のなかった知識を問うものとが混在し、混乱された方が多かったんじゃないでしょうか。まずは、計算問題だけでも得点しておきたい内容です。今回は”ついうっかり!”のような出題、”そんなん知らないし・・・”のような引っ掛け要素の高い計算問題はありませんでした。

問9 健康保険 3問とりたい!/4問中
退職金についての課税、企業年金の受取額の計算など、過去問通りの出題が続きました。確定拠出年金についても基本事項が出題されましたので、ここは大きな得点源ですね!

問10 中小企業の資金計画 1問とりたい!/2問中
何を問いたいのか、正直分かりませんでした。特に問題48。

問11 リタイアメントプランについての時事 1問とりたい!/2問中
介護医療院については知らない方が多かったんじゃないでしょうか。一方、後見や信託については、社会情勢を反映した内容だと思います。理解できていないかったとしても、今後大切な知識となりますので理解を深めておく必要がありますね。


勝手に予想!合格ライン:30点


2019年6月CFP実践演習

2019年6月CFP受験対策/模擬試験

テキスト購入ご希望の方
※2018年12月中には、改訂版のテキストを発売予定です。(2019年6月試験対策;2018年第2回試験の解答を含む)