【金言28】歌舞伎・碁風土記魁升形(故事ことわざ)から

【金言】| 酒井FP綜合事務所

金持ちと灰吹きは溜まるほど汚い

歌舞伎・碁風土記魁升形(ごふどうきせんてのじようせき)より

金持ちってぇ~のは、お金が貯まれば貯まるほどケチになり、生き方が汚くなる、金に汚くなる・・・と言われることが多々あります。まっ、ケチだからこそお金が貯まるという考え方もありますよね。ケチと言えば悪い印象を持ちますが、倹約家とも言えます。とは言え、お金にモノを言わせて、大盤振る舞いする風体で自分の地位を確立したい!と考えるひとも散見されます。z*z*の社長のようにみっともない行動する人がいますよね。

煙草の吸い殻が溜まる灰吹き(煙管の吸い殻をたたいて入れる竹筒)のように、出所がなく、何に使うあてもなくお金を貯めているを金持ちとするなら、そこへはギモンを憶えます。貯めることが目的になっていて、貯まった額の大小だけで出来・不出来を判断していますからね。

金持ちになって財産が殖えれば殖えるほど、もっと殖やそうと躍起になるのは良いことだと思います。そのときに、どのようにお金を動かすかが大切です。増やすことを目的するのではなく、動かすことを目的にしてほしいんです。


▼ 金言シリーズ・ブログ

こちら | 酒井FP綜合事務所