なるほど!日経(番外)マーケット情報が変わる

なるほど!日経|酒井FP綜合事務所

うーむ。。。読みにくくなった、情報が減った、、、ように感じます。

1面(MARKETS)

2018年12月1に、1面のWORLD MARLETSが、MARKETSに変更されました。世界(とくにアジア)の7つの大切な指標が、日本の3つの指標だけとなりました。
その下にあるバーコードとか、宣伝を入れたくて、変更したんだそうです。よくテレビで「それでは今日の為替と株の動きです」という言葉を聞きますが、その通りになりました。

日経 WORLD MARKETS 変更

マーケット総合面

2019年1月22日から、マーケット総合1面、2面のレイアウトが変更されました。

  • 「スクランブル」や「ポジション」など見出し記事
  • グラフや表を大きくし、下段に掲載しているデータを整理して紙面を見やすく

ということです。そして一部、意味合いが薄れているデータの掲載を取りやめたそうな。

≪マーケット総合面の変更編≫
●商品先物、取引参加者別裁定取引状況(木曜日) 1面→2面
●短期金融市場、債券市場 2面→1面
●規制・日々公表・監理銘柄等の信用残高 マーケット総合→投資情報
●今日の材料、資金需給見込み・資金需給実績、金利一覧の国債部分 掲載終了

▼これまで
旧マーケット総合面|酒井FP綜合事務所

▼2019年1月22日から
新マーケット総合面|酒井FP綜合事務所

データが整理されて確かに見やすくなりましたが、市場が互いにどのような関係があるのか、分かりにくくなったように感じます。

≪金融経済面の変更点≫
・マネタリーベース、日銀帳尻、手形交換(火曜日)⇒マーケット総合2面へ
・対外・対内証券投資(金曜日)⇒マーケット総合2面へ
・手形交換(月末最終平日の翌日付)⇒マーケット総合2面へ
・主な銀行のスーパー定期金利(火曜日)⇒掲載終了
・流動性預金の平均レート(木曜日)⇒掲載終了

預金に関するレートが掲載されなくなったのは、非常に残念ですxxx


FPかずくん | 酒井FP綜合事務所

これを知っているだけでも、グッと読み方が変わります。日経新聞をもっと楽しく、分かりやすく、詳しく解説するセミナーを始めます!

日経4946セミナー 日本経済新聞の読み方教室 | 酒井FP綜合事務所

▼日程・内容