なるほど!日経(13)株価の変動要因を企業面で探る

なるほど!日経|酒井FP綜合事務所

投資の代表格、それが株式。そう思う投資家が大半だと思います。


あなたが期待する利回りは?

株式投資で期待する利回り
株式投資で期待する利回り

何をもって収益とするか、みなさん異なると思います。まずは「売却益」について考えます。
売却益とは、購入したときの金額(株価)と売却するときの金額(株価)との差額のことですが、どのような場合に開き(収益)が出るのでしょうか。


企業の能力を知る(景気敏感株)

企業の能力|酒井FP綜合事務所
企業の能力|酒井FP綜合事務所

株価の変動要因のひとつ目は「企業の能力」です。たとえば「新技術・新商品を開発しました」「新工場を作りました」「新人事となりました」などの”新〇〇”がキーワードです。こういった企業は、その発表内容によっては”日経平均株価よりも大きな変動”を示す特徴があります(景気敏感株と言います)。その特徴を知るには、β値(ベンチマークとの連動性)にて確認することができます。売却益にメリットを感じる投資家にとっては、この”企業の能力”と”β値”の確認を怠ってはいけません。

β値の大きな銘柄の代表例としては

  • 鉄鋼、海運、不動産、証券、金融
  • 各業界の上位

です。

日経新聞にて何かが発表された時点ではすでに株価に反映されていますので、”手遅れ”です。しかし諦めてはいけません。それは”ライバル企業”に注目することです。

A社は〇〇を発表しました。。。が、そのライバル企業であるB社はどのような対応を採ろうしているのか、あるいはすでに対策済みなのか、もしくは何の対策も講じていないのか、、、そういったことが後々株価に反映されます。


併せてキーワードを

その企業に注目するなら、今回の記事を”キーワード”として保存しておきましょう。

  • 具体的にどんな記事だったのか
  • どれくらい株価に反映されたのか

をデータベースとして保存しておくことが大切です。もちろん、その企業が

  • 分類される業界
  • 標準的なβ値

をあらかじめ知っておく必要があります。

まずもって、企業面では個別企業に関して「属する業界」「β値」「株価の変動要因」を確認しておくことから始めましょう。


もっと日経新聞の読み方について学ぶには。。。

Map | 酒井FP綜合事務所酒井FP総合事務所(上本町)
19:00~20:30

知るセミナー|酒井FP綜合事務所 5月8日 7)4つの市場
知るセミナー|酒井FP綜合事務所 5月22日 8)株式市場
知るセミナー|酒井FP綜合事務所 6月5日 9)為替市場
知るセミナー|酒井FP綜合事務所 6月19日 10)夕刊の掲載情報
知るセミナー|酒井FP綜合事務所 7月3日 11)景気がわかるその他の紙面
知るセミナー|酒井FP綜合事務所 7月17日 12)電子版の活用法