【金言33】ナポレオン・ボナパルト

【金言】| 酒井FP綜合事務所

シンプルで分かりやすい言葉で述べられています。かの有名なナポレオン一世の言葉。

FPかずくん | 酒井FP綜合事務所

富は宝を所有することではなく、それを使用するところにある
フランスの軍人・政治家/ナポレオン・ボナパルト

通帳を眺めて、その金額にニコニコしたり、悲しくなったりすること、、、あるようです。
お金を貯めることが趣味だという方はそれで良いとしても、お金を貯めることは「何か目的があっての”手段”」に過ぎないので、何のためにお金を所有しているのかを考える必要があります。お金を所有することは”行動を起こすための道具”でしかありません。

お金が大切であるのは、”行動を起こす”選択肢が広がるからです。

ですから、ナポレオンが言うように所有することは本来の目的ではなく、使用することが大切だと言えます。なかなか理解できないという方もいます。「お金を使うのがもったいない」という方です。お金を使えば確かに減ります。しかし額面が減るだけであって、使った分、何かに変化しているはずです。そこに価値が見いだせないのならお金は使うべきではありません。


▼ 金言シリーズ・ブログ

こちら | 酒井FP綜合事務所