CFP試験を6科目受験して気づいたこと

CFP試験対策にはコレがおススメ!(2018年11月試験) | 酒井FP綜合事務所

FPにしし | 酒井FP綜合事務所FP修行中の中西です。平成28年度第2回CFP資格審査試験を受験しましたので、受験して気づいたことをお伝えします。

今回はCFP科目をすべて受験したのですが、本当に覚えることが多いです…。あきらめずに地道な勉強を続ける必要があると感じました。また、2級の復習も同時に進める必要があるので早くから勉強を始めることをオススメします。次回受験する予定の方はもう勉強を始めてもいいですよね。

◆ 金融

本当にマニアックな問題が多いですね…。FPとして、経済の流れや時事問題をしっかりと理解しておかないと解けない問題が多い課目だと思います。今回はとくに時事問題が非常に多かったですね。

内閣府の「国民経済計算確報」や、日銀の「経済・物価情勢の展望」など、最近こんな発表がありましたけど、FPの方々なら当然ご存知ですよね??といった出題意図を感じました。試験の前日でもいいので日銀や内閣府の発表を確認しておくといいのではないかと思いました。

金融は出題傾向が読みにくいと言われていますが、計算問題は定番ばかりなので計算問題に力を入れて取り組む必要があると感じました!定番問題をしっかりとおさえたうえで少しでも得点を多くとれるようにしたいですね(^^)

◆ 不動産

文章題が多く、しかも内容が複雑でしたね。

不動産の知識はもちろん、トラブルを回避する法律の知識や建築基準法などの用語を理解したうえでどのようなに場面(応用問題)にも対応できるチカラも求められる課目ではないでしょうか。

また、不動産では設例を図に書いて表す能力が必要だと感じました(問題文が非常にややこしいので)。不動産の売買契約があって、その際にX銀行が抵当権設定登記をして、Yさんが連帯保証人で…。なんていちいち問題文を読み直している時間がないので、設例を図に書いてパッと見て分かるようにしておくと問題を解くときに役立ちます!

◆ ライフプラン

知らない問題が多くて苦戦しました((+_+))時事問題の対策をもう少ししておくべきでした…。その一方で、年金額や6つの係数を使った計算など定番問題も多かったのでそちらでは得点が取れていそうです。

ライフプランといえば実務でも大切な課目ですよね。仕組みがややこしいと感じがちな年金や、いま話題のリバースモーゲージなど、生活と密接に関わりのあるものについて多く出題がありました。ほかにも購入可能な住宅物件の価格や奨学金制度、高年齢雇用継続制度など過去に何度も出題されているものが多かったので、しっかりと過去問の解答練習をしておきたいところです。

ちなみに、NHKの特集や、ニュース番組で頻繁に登場するキーワードを知っておくと試験で役立つと感じました。

◆ リスクと保険

問題量が非常に多く時間を気にしながら解くことが求められる課目ですよね。ただ、今回はそこまで読み込む必要がある問題がなく、いつもより気楽に問題と向き合うことができました。

保険といえば地震保険がいま話題ですよね。平成29年1月より地震保険の制度が変わることが決まっていますので確認はしていたのですが、リスクではあまり問われることがありませんでした。それでも制度の見直しがあれば確認しておいた方がいいですね。

◆ タックス

6課目の中でも難易度が低いと言わていますが、油断大敵です。ひっかけ問題が非常に多いです。今回はずいぶんとひっかかってしまいました((+_+))タックスは出題の8割が計算問題です。過去問で計算練習を繰り返すことが重要だと感じました。

またタックスは全ての課目に共通する課目ですので、『これからCFPを取るぞ!』という方はこの科目から始めてみてはいかがでしょうか。

◆ 相続

文章題も計算問題も非常にややこしいです…。相続税、贈与税、制限納税者、事業承継などなど用語の意味と仕組みをしっかりと理解し、さまざまな事例に対応する能力が求められます。

複数の課目を受験される方は、最後の課目でかなりくたびれていると思いますので精神的な体力も必要だと感じました。

◆ 総括

すべての課目に共通することとして、FPジャーナルを読んでおくというのは有効な試験対策だと感じました。

初日の3課目(金融、不動産、ライフプラン)での時事問題はすべてFPジャーナルに載っていました。もっとも、FP協会が大切だと感じていることを掲載しているのでよく考えれば当然なんですけどね(*_*;

2日目の残り3課目(リスク、タックス、相続)では時事問題の出題が少なかったのですが、初めて見た!まったく知らない!をなくすために、FPジャーナルは有効だと思います。

※特に読んでおきたいのが、FPジャーナルの3月号です(18ぺージ・大網に基づく平成28年度の税制改正の概要)。4月からの税制改正やいま現在決まっている新制度がまとめられている特集がありました。

試験対策だけではなく、実生活においても役に立つ特集だと思いますのでぜひ読んでみてください!

そして、資格試験対策講座や試験直前模試などを積極的に活用することも大切だと感じました。やっぱり独学では限界があります…。何度解説を読んでも理解できない問題や、頭に入ってこないような問題がある時には知識と経験豊富な講師に質問することが大切だと思いました。

今回の試験で何課目合格できるのかわかりませんが、受験してみて気づいたことを多くの方にシェア出来たら幸いです(^^)


2018年6月試験に向けて、”酒井流”解答方法を習得ください!

金融 詳細・お申込み | 酒井FP綜合事務所不動産 詳細・お申込み | 酒井FP綜合事務所ライフプラン 詳細・お申込み | 酒井FP綜合事務所

リスク管理 詳細・お申込み | 酒井FP綜合事務所タックス 詳細・お申込み | 酒井FP綜合事務所相続 詳細・お申込み | 酒井FP綜合事務所

※ 現時点では大阪での開催のみ予定しておりますが、ご要望があれば全国各地で開催します。お問い合わせください。

【 教材について 】

「講座には参加できないけど、要点を知りたい!」あるいは「過去問の解説が知りたい!」という方は、ぜひ、オリジナルテキストを使ってください。

テキストだけ欲しい!という方は、こちら。

オリジナルテキスト製本版 | 酒井FP綜合事務所 オリジナルテキストダウンロード版 | 酒井FP綜合事務所