日経新聞・リニューアル 〜土日に1週間を整理しよう!

なるほど!日経|酒井FP綜合事務所

4月3日(土)にリニューアルされたことは以前にもしましたが、その後「う~ん、コレも面白いな」と思った紙面があったのでご紹介します。

リニュー “ワル”についても、ボチボチ紹介しますね。

● 土日は “上質なオフ” の提供

日経新聞・リニューアル~土日に1週間を整理しよう! |酒井FP綜合事務所月曜日〜金曜日は(それまで《 総合面 》に掲載のあった)解説記事が多くなりました。厳選された記事を分かりやすく、親しみやすく表現しています。ニュースの深堀り、先読みを心がけると良いですね。

土曜日は「土曜版」として刷新され、この1週間のできごとから”特に大切な記事”を詳細に解説しています。総合面は6ページもあります。また、複数ページに渡って”関連記事”が掲載されます。1週間を振り返る日ですね。

日曜日は「日曜版」として、こちらも大幅に変更されました。”上質なオフを実現するための情報提供”がコンセプトです。記事が読みやすくなったとの意見もありますが、私には”記事が少なくなった”としか思えません。また、日曜日には1週間の予定が掲載されていますので、1週間の先読み・行動計画を考える日ですね。

  • 月~金曜日は日々のニュースを掲載
  • 土曜日や日曜日はニュース性は極力排除した構成

● 土曜日は「この1週間の振り返ろう!」

1週間のできごとの中から、日本経済新聞社が大切だと思うこと、読者に知っておいてもらいたいことをピックアップして掲載しているのが土曜日の特長です。

《 政治面 》《 経済面 》などの枠を超えて、いろいろな部署が横断的に記事を作成しているのが新《総合面》です。なかでも1週間の振り返りとして《総合1面》”THIS WEEK REVIEW”にある「このヒト」「この数字」は読んでおきたいところです。また、読まれた記事のランキングも分かりますので、世界中の人がどんなことに関心があるのか確認しておきましょう。

関心があるということは、ちょっとしたことで各市場が反応するかも知れないですよね。

● 日曜日は「1週間を先読みしよう!」

”ほとんど読むところが無くなった”日曜日ですが、《 総合4面 》”THIS WEEK PREVIEW 今週の予定”は確認しておきましょう。旧来の《 予定面 》よりもずいぶんと縮小されましたが、市場の先読みには書かせない情報ですねぇ。
NIKKEI The STYLEには全く興味ありません。

● 月曜日から金曜日は解説記事

  • 金融経済面 》が火~金曜日に登場
  • コメンテーターによる《 オピニオン面 》を掲載開始

以上が平日紙面の大きな変更点です。これによって日経新聞社の”意見”が増えました。なので、今まで以上に”自分の意見”をもって記事を読むこと、そして考え方の違いを意識することが求められます。

新聞の読み方が変われば得られる知識の量・質が変わります。情報への対応も変化します。日々の紙面の特長を知ることで、今までよりもかしこい消費活動ができること、間違いなし!

=========

 (^^) 現在、FP柳川による「日経新聞の読み方」講座を開催しています。

詳細/お申込みはこちら | 酒井FP綜合事務所