にししのギモン(6)~とりあえずってなんですか?~

にししのギモン(6)~とりあえずってなんですか?~ | 酒井FP綜合事務所

● 言葉は自分の考えを顕著に表す鏡である

とりあえず”という言葉にすごく違和感を感じます。「とりあえず良い企業に行きたい」とか「とりあえず生きていければいいかな」みたいなことを聞くと、『え、それでいいの??』と違和感を感じます。言葉は時に自分以上に自分のことを表す鏡になるんですよね。だから、言葉を使うときには注意が必要です。親しい間柄なら問題ないことも、初対面の人にはマイナスなイメージを与えてしまうこともありますからね。

● 自分の考えを持っている人は使わない言葉

とりあえず”とか言っちゃう人はその場しのぎの考え方をするんですよね。「とりあえずカラオケでも行くか」とか、「やることないし(とりあえず)家でゴロゴロしようかな」とか。自分の欲望に忠実で、時間を無駄に消費してしまうことが多いように感じます。

”とりあえず”という言葉から生み出される有益なものが未だかつてあったでしょうか。どんな使い方をしても、自分の考えを放棄してその場の雰囲気に流されてしまうという結果になりがちなんですよね。私の経験上、自分を大切にしている人は”とりあえず”という言葉をつかいません。どんな場面であれ、自分の考えをしっかりと持って発言したいものです。

● ”とりあえず”という言葉は考えを放棄する

自分と常に向き合っている人は”とりあえず”という言葉は使いません。いま生きている瞬間が自分にとって大切な時間だということをしっかりと自覚し、常日頃から食事や生活習慣に至るまで注意を払っているからです。

”とりあえず”という言葉を発するときって考えるのがめんどくさい』場面のときが多いんですよね。少し残念な就活生の場合は、「とりあえず良い企業で働きたいです」とか言ってしまいがちです…。すごく残念です。あなたの大切な人生の時間を”とりあえず”で使うのはいかがなものでしょうか。ちなみに、良い企業で働ける人たちはしっかりとした目標があるから面接をパスできたのだと思いますよ。少なくとも”とりあえず”良い企業で働きたいなとは思っていないはずです。企業から合格を多くもらえる人たちは『東証一部上場』とか『年間休日〇〇日』とか、明確な良い企業の理想像があるみたいですね。

ある意味では時間の節約になる便利な言葉”とりあえず”ですが、できるだけ使わない方がいいでしょう。だって人は考える葦(あし)ですから。考えに考え抜いて人は成長していくものなので、せっかくの成長の機会を放棄するのはもったいないです。自分は投げかけられた問いに対して真摯に向き合っているか。自分の前に難しい問題が立ちはだかったとき、その問題を解決するためにしっかりと考えているか。もう一度、自分に聞いてみてください。

● お金持ちの思考グセ

稼ぐ人には稼ぐための秘訣があるようです。

しかもそれは常日頃から稼ぐ人たちの生活のなかで行われていることのようです。

さて、それはなんでしょうか。

それは、

世の中の出来事に対して常に”なぜだろうか”という問いをし続けること

です。

  • どうしてこの商品は売れたのだろうか
  • どうしてこの店を選んだのだろうか
  • どうして今日はタクシーを使うのだろうか

など、日常のなかにビジネスのヒントは隠されているのです。

ヒット商品を生み出す人というのは、世の中へのアンテナが鋭い人です。”どうして?”という問いを繰り返すことで、”もしかして?”という問いへつながり、最終的に”間違いない”という確信を得て、それを商品とするからヒット作を生み出すことができるんですね。やっぱり考えることって素晴らしいと思います。

”とりあえず”なんて非生産的な言葉を捨てて、代わりに”どうして?”や”もしかして?”など、何かを生み出す可能性がある言葉を使いこなすようにするとあなたはもっと素敵な人になれますよ。


手帳を使って自分と向き合いたい方は →【 こちら 】【 チラシ

お金と心の関係について知りたい方は → こちら 】【 チラシ

ご相談は →【 こちら