【CFP試験対策はココ!】(2)不動産

CFPの試験対策、つづいては不動産です。不動産の出題の特徴は・・・。

  • 非常に文章、設定が長い。ただし、あまり問題を読まなくてもOK。
  • 試験慣れしている方なら「語尾」に注意すれば良いことは周知の事実。

合格ライン(全50問中)

 第1回
(6月)
 第2回
(11月)
平成26年 28問 29問
平成27年 29問 31問
平成28年 32問 29問
平成29年 27問

定番(文章題)文章題の出題範囲

借地借家法/賃貸契約
契約のルール、存続期間← 出題数が非常に多い!

宅建業法/売買契約
基本ルール、瑕疵担保責任 ← 出題数が非常に多い!

不動産登記
登記のルール、登記記録の読み取り

鑑定評価
土地価格の評価

筆界/境界
民法、建築基準法

区分所有

取得時、譲渡時の税金
特例の適用要件

定番(計算問題)の出題範囲

不動産収支(キャッシュフロー)、所得
うっかりに注意!(時間がかかるので、後回しで良いかも)

有効活用
収益還元、複利現価(単純な計算なので必ず得点しておきたい)

鑑定評価
取引事例比較(設例が長いけど、ほぼ定番なのですぐに解ける!)

建ぺい率、容積率
角地&防火地域解き方解説あり、連たん建築解き方解説あり

譲渡所得
居住用財産,事業用財産,空き家,固定資産の交換,立体買換えなどの特例

有効活用
等価交換、効用積数数解き方解説あり(出資割合を正確に!)
です。ここ数回は、全てが出題されていますので、どれが出題されても確実に正答できるよう練習しておきましょう!


▼ 2017年CFP試験対策

金融 】【 不動産 】【 ライフ 】【 リスク】【 タックス 】【 相続


 講座についての情報こちら


誤解を恐れず正直に申し上げます。

  • 過去問題集を購入しても、「解説が分からない」
  • 答えが分かっても、覚えられない
  • 当時の法令が今と違っているので、「いま」時点での解答が知りたい!

そんな不満の出る問題集がゴロゴロ転がっていませんか?受験を控えて私もそう感じていました。そこで、そんな不満を解消したい!と思い用意したので、この解説集です。簡単な解き方。分かりやすい図解。ほんの一瞬で、解答できる驚きの手法や、簡単に覚えられるワザ!惜しみなくお伝えしています!

オリジナルテキスト製本版 | 酒井FP綜合事務所 オリジナルテキストダウンロード版 | 酒井FP綜合事務所