いま最も大切だと思うこと(2)個人と法人での”お金の流れ”の違い

いま最も大切だと思うこと(4)”手段”が目的にすり替わる瞬間 | 酒井FP綜合事務所

以前【投資のポケット、浪費のポケット】にも書いてるんですが、収入が増えるひと、事業がうまくいくひと、あるいは起業を考えているひとには「稼ぐことより先に、使うことを考える!」という発想が備わっています。「え~?」と思うひとも多いかと思います。でも、とても大切なことです。ちょっと考えてみませんか?

事業で大切なことは”何に先行投資して、どのように回収するか”

お金を使い道は、いつ役に立つのかで、消費投資に区別することができます。

いま最も大切だと思うこと(2)個人と法人での”お金の流れ”の違い | 酒井FP綜合事務所日々どうしても必要なお金消費で、将来回収する目的で使うのが投資です。そして、消費と投資の割合をどうするかは、いつ、どれだけの規模で実現するかによって異なります。割合がどうであっても、どうありたいかという目標を定めれば、それに必要な資金が決まりますし、それだけの収入を得る手段を考え始めるわけです。

それが事業計画です。法人なら(もちろん個人事業であっても)綿密に計画を立てておかないと、融資を受けることもできないし、従業員を雇うこともできませんよねぇ。

収入を得るための手段は無限にあるし、必要な金額に応じて、柔軟に収入を調節することも可能です。あっ…もちろん、綿密な計画が必要ですよ。

家計でよく言われるのは”いかに節約し、支出を収入内に抑えるか”

いま最も大切だと思うこと(2)個人と法人での”お金の流れ”の違い | 酒井FP綜合事務所そして家計相談では、こんな風に考えることが多いです。

  • まずは、どれだけの収入があるか考えます。
  • そして、それ(収入)をどのように使うかを考えることが大切です!
    できれば〇〇(消費)は節約したいし、△△(投資)は充実させたいですよね。

まぁ、、、それでも良いんですけど、

  • ”収入はこれだけ”だと上限を決めていること
  • ”消費を抑える”という発想


いま最も大切だと思うこと(2)個人と法人での”お金の流れ”の違い | 酒井FP綜合事務所が気になります。もちろん、、、支出が収入を上回るようならその月は赤字になりますし、それが継続するようなら大変な事態(火の車)です。しかし家計においても、まず支出(目的)から考え始めることが大切です。たとえば、〇年後に旅行に行きたい!とか、〇年後に車が欲しい、〇年後からは優雅な暮らしがしたい!という場合に、「う~ん、このままだったら実現できないな。そうだ、こうやってお金を増やそう!」と収入を得るための手段を考え始めるからです。ここで注意するのが、

  • 支出を減らそう!
  • 貯めよう!

とは考えないことです。

  • 〇〇で資金を増やそう!
  • 〇で小遣いを稼ごう!

という発想です。

個人と法人での”お金の流れ”の違いはどこから生じるのか

このように、

  • ”使う”ことから考える
  • つぎに”回収する・稼ぐ”方法を考える

のが理想です。法人の場合には当然のように行動に移せても、個人(家計)となるとそういった発想にならないのはナゼでしょうか?
それは、法人の場合には”社会的責任”とか”使命”といった、役割意識が高く、攻めの姿勢を持つからでしょう。それに対して個人では”家族を”とか”この家を”守る体制に入るからだと思います。どちらが良いとも断言できませんが、日本全体が活気を取り戻すためには、、、そしてあなた自身がお金を事由に動かすようになるためには、この攻めの姿勢が大切だと思います。


▼ セミナーでお金と心の関係を学んでみませんか?

お金に関する心の取扱説明書 | 酒井FP綜合事務所