いま最も大切だと思うこと(4)”手段”が目的にすり替わる瞬間

いま最も大切だと思うこと(4)”手段”が目的にすり替わる瞬間 | 酒井FP綜合事務所
  • 財務省が不敵な不動産取引を行った、事務次官によるセクハラ行為があった
  • 文部科学省が前事務次官の授業について報告を要請した
  • 防衛省がずさんな文書管理をしていた
  • 朝日新聞社が社員に対するセクハラ行為を放置し、なかばパワハラともとれる状態にしていた

まぁ~ここぞとばかりに、現政権倒し!に拍車がかかっています。興味深いです。もちろん、不正があったのなら是正し、法に触れるのなら裁きが必要です。責任の所在を明確にし、その責任の取り方については、つど考える必要があります。

”●●が起きない”は、”改善”ではない

FPかずくん | 酒井FP綜合事務所こういった不祥事(と思われること)が起こったとき、よく”今後は●●が起きないようにしよう!”という議論が起こり、問題点探しを始めます。それはそれで良いのでしょうが、”●●が起きない”状態が続いたとしても、それは”改善”とは言えません。マイナスの状態からゼロに近づいただけのことです。

”●●が起きない”状態が永久に続くことってできるのでしょうか。緊張状態が続きますよね。あまりに”●●が起きない”を意識しているために、もし”●●が起きた”場合には、それを隠そうとする行為に移ってしまいます。
はじめの4つの例って、何かを隠そうとしていませんかね?
では”改善”には、どうしたら良いのでしょうか。

目標を設定する、そして手段を考える

まずは、”〇〇でありたい!”とか”〇〇な状態になりたい!”と、目標・目的を設定することから始めましょう。つぎに、そうなるための手段を考えれば良いんです。

  • 新規事業をはじめる!
  • スタッフ同士のコミュニケーションを活発にする!
  • 家族で一緒に食事をする

などは、手段です。何のために、こういった手段をとるのかを考えることから始めましょう!たとえば

  • ”〇〇で社会貢献を実現する”
  • ”スタッフ同士を尊重し合い〇〇を実現する”

などです。ところで、はじめの4つの例はどうでしょうか。

FPかずくん | 酒井FP綜合事務所こういう出来事が起きるとすぐに「責任をとって辞任してください!」と言い始める風潮です。辞めることでどのように改善するのでしょうか。辞めることって”手段”ですよね。”手段”が”目的”にすり替わっていますよね。「現政権を倒す!」ことが目的になっているなんて、本当に残念でなりません。
また、辞めることが責任の取り方だという考え方はどうにも同調できません。きちんと改善策を提示し実行するところまでが責任でしょ。

お金を貯める・増やすという”手段”が目標になっている人たち

いま最も大切だと思うこと(4)”手段”が目的にすり替わる瞬間 | 酒井FP綜合事務所「お金を貯めたい」「投資で稼ぎたい!」そういったご希望(ご相談)を受けることがあります。数字を増やすことが生きがいになっているなら否定はしません。でも、お金を増やす・貯める”目的”が何なのか、じっくり丁寧に考えて欲しいです。

  • どのように貯めるのか
  • どのように増やすのか

もちろんお伝えすることは可能です。でも、私たちの仕事は、

  • なぜ貯めたいのか、増やしたいのかを知り
  • どのような人生を実現したいのか

という目標・目的まで、導きたいと考えています。


▼ セミナーでお金と心の関係を学んでみませんか?

お金に関する心の取扱説明書 | 酒井FP綜合事務所