なるほど!日経(1)曜日ごとの特徴

なるほど!日経(9)新聞社や読者の“意見”を知る | 酒井FP綜合事務所

日経新聞には曜日ごとの特徴があります。それを知らないと「日経新聞が難しい、なかなか読み切れない、どころ読んだら良いのかわからない。」とすぐに読む気がなくなってしまうかも知れません。

なるほど!日経(1)曜日ごとの特徴 | 酒井FP綜合事務所

● 一週間は火曜日~土曜日、とくに土曜日はふりかえり

新聞(朝刊)は前日の情報が掲載されています。市場(マーケット)は月曜日~金曜日に取引が行われているので、その情報が新聞に載るは火曜日~土曜日です。さらに、土曜日は一週間のまとめとしての役割があり、株価情報や商品市場での一週間分の情報が掲載されています。

● 日曜日はさきよみ

日曜日は“上質で優雅なオフ”を実現するために、”経済を休む日”です。だからと言って100%休んではいられません。このさき一週間、日本や世界でどんなイベントがあるのかを確認しておく必要があります。投資活動を行っている方にとっては、欠かせない情報です。いつ、どこで、誰がどんなことを発表するのか、良い話なのか、悪い話なのか。。。事前に予想しておく必要があります。

● 月曜日は情報収集

月曜日は他の曜日に掲載されない情報がいっぱいです。中でも、子どもをキーワードに”大学”や”教育”、”18歳プラス”など将来の日本を支える世代の環境についてたくさん考えることができます。

● 中小企業にも注目

また、投資をする方は月曜日の”振興・中堅Biz”や、火曜日隔週の”NEXT1000”で、最新の中小企業情報を確認しておきましょう!株(売却益)で儲けるの大半は、日本を代表する大企業の銘柄ではなく、中小企業銘柄なんですよ。

このような曜日ごとの特徴を知って、自分の知りたい情報だけを得るようにすれば、効率よく情報収集ができますよね。

 日経新聞の読み方に関するセミナーを開催しています。ぜひお越し下さい。お待ちしています。